京都 葵祭 Aoimatsuri, Kyoto

京都 葵祭
5月15日 私は5万人余の見物人の1人として
京都御所の建礼門から入場してくる行列を待っていた。
青く晴れたこの日、気温はぐんぐん上がって陽射しは白砂利に照り返る。
京都の人々には、「葵祭は雨模様」とインプットされているそうだが、
その裏をかくような晴天。
平成最後の斎王代を含む500人程からなる雅な行列は
40分ほどかけて観客の目の前を通って行く。

AB390B8C-80DD-40AE-BA6A-54967CC15E6C

A6CD04C8-EEE4-44B1-853A-666C01C7C16D

99347BCC-AE48-4942-990A-24A91C3D6706

7B6B7B9D-36B0-4EC5-8EA4-4074032EA51E

233EF5F5-0665-4637-8CB9-7B404D12E7BA

CCA49F6B-7F6B-4948-8EBC-C6B9FC4749B6

AEE4547F-6DB2-41DC-B0A0-12288F373D06

第63代平成最後の斎王代は坂下志保さん23歳。
お母様の坂下美保さんは昭和63年に昭和最後の斎王代。
こうして代々斎王代を務められるケースが多いという。
十二単衣は依頼を受けた段階で全て新たに新調することになるが個人負担となる。
京都の政財界、老舗のオーナーなどのお嬢様が選考者の裏千家家元などの推薦で
選ばれると、内情をよく知る方から聞き知った。
そのお陰でこれだけの規模の祭が可能になり、伝統は守られ、京都は潤う。
ここではノブレス・オブリージュの精神が生きている。
腰輿(およよ)と呼ばれる輿に乗る美しく晴れやかな斎王代
ご覧あれ!

C1A05789-305D-494E-A857-B499E445ECBD

 

8D6F425A-2E7B-4506-B299-ECEC655CC3FD

 

広告

瀬戸内海クルーズ 掲載リンクです

もう一つのブログに「瀬戸内海クルーズ記」を投稿中です。よろしかったらリンクをご利用ください。

2C568E6D-8F0B-4ACF-8B6B-D8C710FC86B2

 

 

 

3A13B846-5703-451F-960A-44221921DFC2

瀬戸内海クルーズ-18 尾道水道を通って
[ 2018-03 -21 09:06 ]
瀬戸内海クルーズ-17 大山祇神社の御神木 樹齢2600年の楠
[ 2018-03 -20 16:52 ]
瀬戸内海クルーズ-16 大山祇神社の御神木 三千年木
[ 2018-03 -20 16:07 ]
瀬戸内海クルーズ-15 大山祇神社 (おおやまづみじんじゃ)
[ 2018-03 -19 19:43 ]
瀬戸内海クルーズ-14 大三島 大山祇神社へ
[ 2018-03 -19 17:17 ]
瀬戸内海クルーズ-13 大崎上島 神峰山日没
[ 2018-03 -17 21:11 ]
瀬戸内海クルーズ-12 再び橋 「来島海峡大橋」
[ 2018-03 -17 20:39 ]
瀬戸内海クルーズ-11 多々羅大橋
[ 2018-03 -14 20:12 ]
瀬戸内海クルーズ-10 guntuの和菓子
[ 2018-03 -13 22:58 ]

瀬戸内海クルーズ-9島々
[ 2018-03 -12 16:14 ]
瀬戸内海クルーズ-8 音戸の瀬戸
[ 2018-03 -10 05:57 ]
瀬戸内海クルーズ-7 guntu ブリッジ見学
[ 2018-03 -09 15:01 ]
瀬戸内海クルーズ-6 宮島沖
[ 2018-03 -08 13:15 ]
瀬戸内海クルーズ-5 島々の景色に伴われて
[ 2018-03 -07 19:14 ]
瀬戸内海クルーズ-4 船上の小さな喜び
[ 2018-03 -06 21:51 ]
瀬戸内海クルーズ-3 食材調達
[ 2018-03 -06 15:46 ]
瀬戸内海クルーズ-2 橋 Bridges
[ 2018-03 -04 16:53 ]
瀬戸内海クルーズ-1 guntuと言う名の船
[ 2018-03 -04 00:50 ]

磁器に描かれた鳥たち メジロ Japanese White-eye

16DF7427-7433-496D-95F2-19CC6CF2D498

 

 

 

97DB8322-0528-4160-AC2C-7E1CACE60AB4

 

ブログの友人のフォトでもすばらしいショットを見せてもらうメジロ。
このところ私の家の白い椿にも時折姿を見せる。ことのほか椿の花蜜が好きな鳥だそうで、やはり椿の広葉によく似合っている。このカップ&ソーサーでお茶を飲みながら本物のメジロちゃんを眺めるのがこの時期の楽しみである。

A little bird, Japanese White-eye, is specially fond of honey of camellias japonica.  Now is the season of camellia blossomS. I enjoy watching them hopping from a branch to another on my white camellia tree, while sipping tea with a tea cup & saucer of the Okura Chinaware on which a White-eye is drawn.

⭐️ 写真:: 大倉陶園の磁器 小倉山荘のショコラ

 

改めて、、、Little Too Late, But…

元日はクルーズ中で皆様への新年のご挨拶もまだ申し上げておりませんでした。

改めて、遅ればせながら 新年おめでとうございます。
今年もみなさまの投稿を楽しみに日常を過ごして参りたいと存じます。
ワンダフルなお年となりますように!

I was on the ship on the New Year’s Day
and missed extending my warmest wishes for the year 2018 to you all.
Too late, but here they are.

Japanese dogs don’t VOWWAW, but they WONWON.
Since it is the year of Dog,
I wish you a WONderful year!

 

1ECA37A6-4520-4C86-BC31-769B5BC7C5F4

 

 

 

8C826447-1D53-4260-8A55-440140CCC623

 

 

横浜帰港 Return to Yokohama

神戸を出てから荷造りを開始。いつの間にかお土産などが増えダンボールが2個も増えている。

 

目覚めればもう下船の朝。楽しかった様々なことが波間に宝石のように見え隠れする。
そうこうするうちにベイブリッジ。ここを過ぎると一気に気持はホームスィートホームへ。

8FBCF049-871A-45B0-92D3-422722392A89

 

 

70F96188-3DE6-42BE-9D8E-9A7EA884EEEF

クルーズでお世話になった皆様ありがとうございました。
そして、拙いブログをご覧いただいたご友人のみなさま、フォローして頂きありがとうございました!
今年もよろしくお願いいたします!

夕陽 Sunset NEW YEAR CRUISE’18

 

B0A1ACCF-8950-4922-9761-775BF8CFB662

 

3A689207-4420-4737-A44F-FF672C8FA983

 

 

80A42167-AE60-4121-8369-9F638B722384

 

8FAB0D91-F8CC-4E3B-B74F-7AF39C21A489062B1C24-A7BA-4C8D-86AA-DBA42C5DC1D5A0A57ADB-CC73-41BD-AC46-FB1291D65317

 

夕陽に出合うことがクルーズに出かける最大の喜びになっている
One of the biggest joys about cruises is sunset.
There appeared a breathtaking sunset on the day we left Amamoooshima.

Cruise log of the day:
18:00
風 北北西15m/S
位置 N32’58” E133’45” 室戸岬西南西44km
神戸まで250km
外気温 11度C 海水温19度C
波高 2m

見てきた夕陽の一部、理由などなくただただ魅かれるのです。よろしかったらのぞいてご覧ください。
I have seen so many impressive sunsets while cruising.
Here are a few of them if you like:

アフリカの夕陽 African sunset

スリランカ沖 Sri Lanka

ミャンマー マンダレーヒルーのサンセット Myanmar

バガンエーヤワディーの夕日 Myanmar

南大西洋でグリーンフラッシュを見た日 South Atlantic Ocean

赤道の夕陽  On the equator

ナポリ Napoli

エルサルバドール El Salvador

カリフォルニア沖  Off California

サンフランシスコ San Francisco

南太平洋 South Pacific