Rose D’Amour

IMG_0554

IMG_0553

IMG_0551

IMG_0550

IMG_0555

IMG_2720

IMG_2724

Rose D’Amour – Poem by Mathilde Blind

Oh haste while roses bloom below,
Oh haste while pale and bright above
The sun and moon alternate glow,
To pluck the rose of love.

Yea, give the morning to the lark,
The nightingale its glimmering grove,
Give moonlight to the hungry dark,
But to man’s heart give love!

Then haste while still the roses blow,
And pale and bright in heaven above
The sun and moon alternate glow,
Pluck, pluck the rose of love.

白馬の尾 The Tail Hair of White Horses

 

IMG_2699

 

 

音を求めて増えるばかりのバイオリンの弓 Violin bows of mine

IMG_2704

 

まだ独り者の頃、私の乗馬好きを知って、「きっと白い馬を飼おう」と釣り竿を投げた人物がいた。まんまと餌に食いついたわたし(笑) しかしいまだに自馬の姿はない。

「昔の約束はひょっとして、、、反故になったのかしら」と持ち出すと、我らが白馬はバイオリンの弓に化けたのさ、と逃げられた。

スーホの白い馬ではないけれど、ビオラ、チェロも同様バイオリンの弓の毛は白馬の尻尾の毛でできている。楽器をなさる方はご存知と思うがモンゴル、カナダ、シベリア、スペイン、イタリアなどが主な供給地域となっている。弓本体はファイバー製など優れたものも出てきているが、それでも楽器の弦と接する部分は馬毛以外ない。演奏時間の長短にもよるが2~~~6ケ月に一度専門家の手で「毛替」をしてもらう。

そんなわけで、パートナーの言うこともあながち大きく本筋を離れてはいないのだ。

どうかモンゴルやカナダの白馬さんたち、美味しい人参をいっぱい食べて新しい尻尾の毛をふさふさと生やしてくださいね。くれぐれも尻尾のない切ない姿にならないように。

A violin bow looks like only a stick. But it is kinetically made in a very complicated way with tail hair of a horse.  The sound of the instrument much depends on the quality of  the hair and technique of a maintenance technician to fix it.

Tail hair must be of white horse. The horses of Mongolia, Canada, Siberia, Spain, Italy are main suppliers. I truly hope they eat nourishing food and never ever lose their tails.

 

花の季節 Flower Season

 

近くの美術館の庭園はいつも手入れが行き届いている。週末以外は入園者もほとんどないため、まるで自分の庭のようにお花を見せてもらにしげく足を運んでいる。
5月は束の間の夢のような時。

The garden of the art museum at a 3-minute walking distance
from my place is always well manicured.
Especially this May I visit it very frequently
as I could not care much of my own garden
since last autumn due to my ailment of asthma.
The result of no care is obvious, alas!
These are the photos of their garden.

白い花々 White flowers

IMG_0524

IMG_0536

IMG_0543

IMG_0542

ピンクの花 Pink flowers

IMG_0534

IMG_0546

IMG_0523

紫の花   Flowers of purple colour

IMG_0532

IMG_0531

IMG_0522

草間彌生作品 Sunflower of Kusama Yayoi

明後日22日を最終日に、国立新美術館の「わが永遠の魂」草間彌生展が閉幕する。
2月から今日行こうか、明日行こうかと健康状態と相談しているうちに、入場まで相当並ばねばならない状態になっていた。並ばなくてはならないものはなんでも回避して生きてきたのでこの展覧会も行きそびれてしまった。人混みと並ぶのを避けたが故にどれだけたくさんのものやことを失ってきただろう、、、これが怠け者のわたしの生き方、、、

仕方ない。近場で間に合わせよう。

Kusama Yayoi Exhibition at the National Art Center Tokyo is closing the day after tomorrow. I have missed it from my natural habit to avoid crowded places and long lines. So there is no other way to satisfy my hunger for Ms Kusama’s art than seeingher art pieces nearby.

近くの美術館のオブジェ
The object of the museum nearby

IMG_0521

我が家の唯一の草間作品 Ms Kusama’s silk pumpkin I own

IMG_2706

用の美 The Beauty of Use

楽器はどれも美しい。金管楽器、木管楽器、絃楽器、打楽器、、、それに伴う用具の数々も、用の美を秘めている。

身近なものほど当たり前になり振り返ることが少ないが、毎日家族との時間以上に長時間付き合ってもらっているのが、バイオリン。今日はちょっと光を当ててやろう、と思い、、、

There is the beauty of use in the instruments or tools around us in the daily life. That we miss because they stay too close, and are too familiar. In my case, the violins are so close I spend much longer time with them than my family.
It may not be bad to put them under the spotlight once in a while.

 

 

IMG_2654

左から2番目は、クルーズなどに持って行く電子バイオリン

 

 

IMG_2658

 

 

 

IMG_2646

クレモナの名工のケース

 

 

IMG_2653

クレモナの名工制作なのだけれど、私の技量でごめんなさい、と

語りかけながら付き合ってもらっている

 

IMG_2659

庵月工房さん制作の美しくも使い易い譜面台

 

 

IMG_2660

 

 

 

私のGWフォトスケッチ-天使の歌声 Photo Sketch of My Holidays Angels’ Voices

ウイーン少年合唱団 於東京芸術劇場
WIENER SANGERKNABEN
at Tokyo Metropolotan Theatre Concert Hall

IMG_2618

IMG_2625

IMG_2643

IMG_2645

01379e3e7f30fa63ab16dfb5fc16517c95e1b9e817-2 - コピー

グランドロビーの天井画

絹谷幸二
Ceiling Paintings by Koji Kinutani

IMG_2623

IMG_2624IMG_2622

皇太子ご一家が開演時間をやや回って来場

少女時代胸ときめかせたこの合唱団の声がいよいよ聴ける
一気にあの懐かしい日々に ワープできる歌という魔力

素晴らしかったのは指揮者でカペルマイスターのルイス・ディ・ゴドイ氏のピアノ伴奏
それに彼、とてもハンサムでした(笑)